インターネットビジネスで信頼性を高める7つの要素

これまで、見込み客の心を掴むようなメッセージの重要性をお話してきました。
しかし、ここで残念なことをひとつ申し上げます。

それは、

「ほとんどの人が、あなたのメッセージを信用していない」ということです。

特に、インターネットの場合、信用性は非常に低いと言えます。
ホームページは、誰もが手軽に作れるものですから、まことしやかな嘘をつくことも簡単です。実際に、詐欺まがいのページも少なくありません。

このように信頼性の薄いメディアでビジネスをおこなうには、信用性を高めることが重要となります。

では、信用性を高める要素には、どのようなものがあるのでしょうか?

  1. 権威ある人や著名人からの推薦
    同じ種類の健康食品でも、「○○大学医学部教授が推薦」と言われたらどうでしょう?どちらを買うかは、明確ですね。
  2. マスメディアでの露出
    店先に「○○テレビで紹介されました」などと書かれたものを見かけます。新聞やテレビで紹介された実績も、信頼を高めるものです。

  3. 資格や賞
    あなたが特別な資格や賞を持っているのなら、それも信頼性アップにつながります。知られていない資格でも、資格があるとないでは印象が大きく違います。あるものは全てアピールするようにしましょう。
  4. 写真、映像、音声
    相手の顔が見えるのも、信頼性を高める要素です。生産者の写真を掲載している野菜などは、買うものに安心感を与えますね。「ジャパネットたかた」のように、売り手が直接顔を出してセールスするのも効果的です。映像や音声を上手く使うのも大切ですね。

  5. 有名企業名やロゴ
    取引先などに有名企業があれば、より信頼性は高まります。使用できるものは、多いに使うようにしましょう。
  6. 先制のマーケティング
    企業にとって当たり前と思えることでも、一般の人には感心するようなことがあります。例えば、商品を作り上げる過程での徹底した衛生管理など、その工程を見れば多くの人は納得するでしょう。同じ商品でも、「このようにして作られています」とアピールしたら、どうでしょう?実際に、このような方法で、業界4位からトップに並んだ企業もあります。「先制のマーケティング」と呼ばれるもので、最初にアピールした方が、先に信頼性を得る、という広告戦略のひとつになっています。
  7. コンテンツの提供
    メールマガジンなどで、見込み客に役立つ情報を提供することは、信頼関係を築き上げる効果的な方法です。小冊子やレポートを配布するのも効果的です。Webビジネスでは、コンテンツの提供は、非常に重要なポイントになります。

次回は、「信頼性を得るためのポイント」についてお話します。