Rise of Bitcoin: Is the digital currency a solution or a menace? 
参照元:http://www.csmonitor.com/layout/set/r14/USA/2013/1123/Rise-of-Bitcoin-Is-the-digital-currency-a-solution-or-a-menace-video

 

最先端の決済方法としてBitcoinの存在が叫ばれることは昨今珍しくない。

ロサンゼルスではスマートフォンで気軽に決済できる店も増えているようだ。

Bitcoinのユーザーは確かに増えているが、きちんとBitcoinのコンセプトや仕組みを理解してない人も多く、物理的に存在しない電子マネー以上にもっと不確かなデジタルな通貨に支払い側も受け入れ側も困惑しながら利用している人もいるらしい。

 

多くの人はBitcoinに興味を示しているようにも見えるが、ある意味では狂乱状態にも近いと捉える人も多い。つまり、懐疑的な人もまだまだ多いということだ。

 

なぜならBitcoinは結局は物理的には存在しないデジタル通貨だからだ。買い手も売り手もデジタル通貨(つまりは数字)を介して支払いとサービス・物品の交換をしている。それがスマートフォンの画面だけで完結してしまったとしたら直さらそう感じてしまう人は多いのだろう。

 

Bitcoinはこの5年間で爆発的に広がっており、政府は注意喚起と共に見解を示し始めている。11月18日、議会はBitcoinの潜在的リスクと脅威、既存の枠組みを超えたデジタルな通貨である前提について初めて公聴会を開いた。

 

政府及び中央銀行がコントロールしてきた枠組みを否定しかねないのだから、当然注目度は高いだろう。それを証明することになった。

 

投機家が遅ればせながらBitcoin市場に参画したことで、FBIがBitcoin取引の悪い側面を精査しているにも関わらず、その価値を押し上げられることが予想されている中、10月、FBIはSilkRoadと呼ばれるブラックマーケットを閉鎖した。

 

そこではコカインやマリファナ、ポルノといったいわゆる良からぬものがBitcoinを通じて取引が成されていたからだ。なぜそこでBitcoinが使われたかというと、それはBitcoinの特性でもある匿名性が極めて強い仕組みであることにも起因する。

 

エコノミストのKevin McIntyreはBitcoinを19世紀に使われた植民地時代のプライベートマネーと似ていると指摘する。政府が紙幣を発行するまで、銀行は独自の通貨を発行していて、武器や金属などで価値を支えていた。彼はBitcoinをデジタル時代のプライベートマネーだと考えている。

 

バーチャル通貨は投機的なツールとして使ったり、中央銀行による過度のマネーサプライを嫌うといった政治的哲学などの理由で一部の人を魅了しているのは間違いない。しかもBitcoinのユーザーは匿名性に守られている。Bitcoinの裏書を見ても誰がどのくらいの取引をしたのか分からないからその特性を利用したい人にはBitcoinは魅力的であるに違いない、とKevin McIntyreは付け足している。

 

Bitcoinはアメリカだけでなく、Baiduがセキュリティサービスの一環としてBitcoinを採用を始め、Reddit, WordPress, and OkCupidといったオンライン企業も参画している。中国政府機関紙は将来ドルは外貨準備にはならないかもしれないとさえ、示唆している。

 

これだけ大きくなったデジタル通貨。

数年後には通貨の存在を脅かし、現在の為替相場にも大きく影響を与えかねない大きなムーブメントになるかもしれない。
Bitcoinは未来を占う重要なファクターとして見守る価値は十分あるだろう。

 

——-

まだ追記予定です。