“前回は、メッセージに信頼性を与える要素についてお話しました。
今回は、その信頼性を生み出すポイントについて考えてみましょう。

ダイエットサプリメントで、メッセージが「全ての人に効果抜群」と書かれていたらどう
でしょう。
ちょっと怪しく感じるかもしれませんね。
これが、「20代で初めての出産後半年以内の女性専用ダイエットサプリ」なら、どう感じ
ますか?
何か信頼できそうな気がしますね。
このように、具体的でターゲットを絞り込んだ(ニッチな)メッセージは、信頼性を高め
るコツです。

また、データや統計も信頼性を高めるポイントです。
新聞や雑誌などで掲載されたデータや官公庁の統計など、商品に関係するものを公表する
のも、効果的です。
独自にリサーチした結果も信頼性をアップするものです。

信頼性を得る方法として、デモンストレーションも効果的です。
テレビ通販などでは、絶妙な実演で消費者のハートを掴んでいます。
実際の効果を見せることは、なによりも信頼性が得られる方法と言えるでしょう。
インターネットでは、動画を使ってデモンストレーションを見せることもできますので、
デモが可能なものは積極的におこなうのも効果的ですね。

「これに反応しないのは損でしょ」と思わせる強力なオファーが、メッセージづくりには
必要であることを言いましたが、オファーが魅力的であるほど、多くの人は疑うものです。
「絶対に損はさせません!」と言われたら、「何か裏がある」と思うのでは?

このようなオファーに信頼性を与えるためには、なぜこのオファーが言えるのかの「理由」
を明確にすることです。
その理由が「なるほど」と思われれば、信頼を得ることができます。

見込み客の利益になること(ベネフィット)をアピールすることが、顧客を得るのに大切
なポイントであることは説明しましたが、このベネフィットがあまりにも現実離れをした
ものでは、信頼性は薄らいでしまいます。
現実的で信じられる約束でなければ、信用されません。
100%信じられる約束は、そこそこ信じられる約束の10倍のセールス力があるそうです。
信じられる約束、信じられるベネフィットを提供するようにしましょう。

オファーの理由を言うことが、信頼性を高めるポイントであることを言いましたが、
理由=証拠でもあります。

オファー(約束)を見て、即、行動(購入・請求)を決める人は多くはないでしょう。
「あなたにはこんなメリットがあります。今すぐ注文して下さい」よりも
「あなたにはこんなメリットがあります。理由は○○だからです。是非注文して下さい」
というように証拠を挟んだ方が、セールス力はアップします。

ページを作る場合は、約束→証拠→行動 という流れを忘れずに作成して下さい。

信頼性を得るのに、もっとも重要なのが「お客様の声」です。
実際に購入して、良かったのか悪かったのか、どういうところが良かったのか。
最大の証拠が、お客様の声と言えるでしょう。

次回は、この「お客様の声」についてお話します。”