“肩こりについてお話してきましたが、自分の肩こりのタイプに関係なくストレッチや
エクササイズをあれこれやるのは良くありません。

まずは、自分の肩こりのタイプを把握することが大切です。

一般的な肩こりには、首におこるものと肩におこるものがありました。
首を押して痛い場合は、板状筋と肩甲挙筋のストレッチをおこないましょう。
肩を押して痛い場合は、肩甲骨のストレッチや僧帽筋、広背筋、菱形筋のストレッチが
大切です。

猫背の人は、菱形筋を鍛えるエクササイズと大胸筋のストレッチをおこないます。

四十肩や五十肩およびローテーターカフ・インピンジメント症候群の人は、
ローテーターカフの筋肉群のストレッチおよびエクササイズで、筋肉を鍛えましょう。

なで肩で筋力が落ちている人は、ペットボトルで三角筋を鍛えるトレーニングを是非
習慣化して下さい。

ストレスなどが原因と思われる人は、家庭でできる漸進的筋弛緩法にチャレンジして
みましょう。

また、肩こりに大きく関係してるのが「寝具」。
特に「マットレス」と「枕」は要注意です。

良いマットレスは、「立っている時と同じ脊柱のカーブが保たれるもの」と言う人もいます。
しかし、人は寝ている間何度も寝返りをうつので、つねに脊椎のカーブを保てるわけでは
ありません。
ですから、宣伝文句だけでマットレスを決めるのは危険です。

マットレスが柔らかすぎると身体が沈んでしまい、寝返りが打てなくなります。
寝返りは、血行が滞ったりや筋肉が緊張しないようにするための動きです。
この動きができないのは、身体に大きな負担を与えてしまいます。

逆に硬すぎるマットレスは、身体が圧迫され筋肉が緊張しやすくなります。

ですから、マットレスを選ぶ時は、寝返りが打ちやすい適度な硬さのものが良いでしょう。
実際に、自分で横になって選ぶようにして下さい。

枕が高すぎたり、硬すぎたりするのも肩こりの要因になります。
自分の頚椎のカーブに合った枕を選ぶのがベストな選択です。

最近では、寝やすいようにカスタマイズできる枕も販売していますので、是非自分に
合ったものを選んで下さい。

どんなにストレッチやエクササイズをやっても、快適な睡眠が得られなければ効果も半減
してしまいます。

首と肩にやさしい枕で、ぐっすりと安眠できることが大切です。

以上、ヒザ、腰、肩の痛みについてお話しました。

軽度な痛みは、ご紹介したストレッチやエクササイズを試して下さい。
それでも痛みが改善されない場合は、整形外科の診断を受けることも必要です。

また、ストレスなどの精神的な原因も考えられる場合もありますので、整形外科でも改善
されない場合は、心療内科などでカウンセリングを受けることも考えてみましょう。”