体力づくりを習慣化するために自分の性格を分析しよう①

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

“どんなに効果的なトレーニングでも、毎日継続しなければ結果は得られません。
無理なく続けられるためには、自分に合ったやり方をする必要があります。

まずは、生活習慣を考慮することも大切です。
仕事で帰宅時間が遅いのに、夜にウォーキングをするのは、かなり厳しいでしょう。
また、朝に弱い人が、無理して早朝にやると決めても、長続きするはずはありません。

自分の生活パターンの中で、確実に継続できる方法を見つけるのも重要です。

もうひとつ大切なのが、自分の性格に合った方法を実践することです。
やる気(モチベーション)を保つためには、自分の性格を知り、その性格に合った運動
をすることです。

細かなことが苦手な人に、「毎日食べたものを記録しましょう。」と言っても、苦痛だけで
長続きするとは思えません。
細かなことが苦手な人には、その性格に合った方法があります。

まずは、自分がどんな性格なのかを知ることです。

アメリカの精神科医が生み出した分析方法があります。
人の心には、
① 批判的な親=CP(クリティカル・ペアレント)
② 保護的な親=NP(ナーサリング・ペアレント)
③ 合理的な大人=A(アダルト)
④ 自由な子供=FC(フリー・チャイルド)
⑤ 従順な子供=AC(アダプテッド・チャイルド)
の5人の家族がいて、その誰が主導権を握っているかで性格が決まるという見地から生み
出されたものです。

自分がどのタイプに入るのかを知るために、5つのブロック(各10問)の質問に答えて
下さい。

それぞれの質問に対する答えは、
・いつも(3点) ・ときどき(2点) ・たまに(1点) ・めったにない(0点)
の中から直感的に選んで下さい。
あまり深く考えないようにしましょう。
そう感じた答えの点数を各ブロックごとに合計します。

<ブロック1>
質問① 物事に批判的である。
質問② 話の途中で人の意見を遮って自分の考えを述べる。
質問③ 伝統的なものを大事にする。
質問④ 仕事でもプライベートでも待ち合わせの時間には遅れない。
質問⑤ 他人のミスや欠点には手厳しい。
質問⑥ 社会の規範や道徳には従う。
質問⑦ 責任感を大切にしている。
質問⑧ 常に理想を追い続ける。
質問⑨ ルールや規則は厳しく守る。
質問⑩ 「○○すべきである」という言い方をよくする。

<ブロック2>
質問① 相手の話に心から共感して耳を傾ける。
質問② 相手の長所に気付いて褒める。
質問③ 何事にも融通がきく。
質問④ 頼みごとには嫌と言えずに親身になる。
質問⑤ 他人のミスや失敗に対して寛容である。
質問⑥ 人が幸せになることに喜びを感じる。
質問⑦ 料理、洗濯、掃除などの家事を引き受ける。
質問⑧ 困った人がいたら進んで助ける。
質問⑨ 義理と人情を大切にしている。
質問⑩ ボランティア活動に積極的に取り組む。

<ブロック3>
質問① 感情よりも理性を信じている。
質問② 現実を良く見て冷静に判断を下せる。
質問③ 動きがきびきびして能率的である。
質問④ まっすぐに相手の目を見て話せる。
質問⑤ 買い物や旅行は実行前に完璧な計画を立てる。
質問⑥ 物事の状況判断は正確なタイプである。
質問⑦ いろいろな情報を集めて多角的、総合的に判断する。
質問⑧ 私的な感情を交えずに合理的に判断できる。
質問⑨ 誰かと議論になっても感情的にならない。
質問⑩ 「なぜ?」「どうして?」という言い方をよくする。

<ブロック4>
質問① 理屈よりも自分の直感を信じる。
質問② すべてに開けっぴろげで自由である。
質問③ じっと大人しくしているのが苦手である。
質問④ 喜怒哀楽が顔にでる方である。
質問⑤ 誰にでも言いたいことは遠慮なく言える。
質問⑥ 自分はわがままだと思う。
質問⑦ 好奇心は強い方である。
質問⑧ まわりのことはあまり気にしない。
質問⑨ 欲しいものはあくまでも欲しがる。
質問⑩ 「わぁ」「すごい」など驚きを素直に表せる。

<ブロック5>
質問① 他人にどう思われているかが気になる。
質問② 空気を読んで周囲に上手く合わせられる。
質問③ 嫌な事は理屈をつけて後回しにする。
質問④ 不平不満があってもグッと我慢する。
質問⑤ 何かにつけて人の顔色を窺うタイプである。
質問⑥ 思っていることをなかなか口に出せない。
質問⑦ 上手に言い訳ができる。
質問⑧ 相手に喜んでもらえるように努力を惜しまない。
質問⑨ 何事にも遠慮深く、消極的だと思う。
質問⑩ 「ごめんなさい」「すみません」と素直に言える。

以上の質問で、グロックごとに点数を合計して下さい。
どのブッロクの点数が一番高いでしょうか?

もっとも高かったブロックを覚えていて下さい。
次回は、それ答えに基づいた分析結果をご紹介します。”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*