40歳からの若返り「筋トレ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

“いつまでも若々しく健康でいたい・・・
女性なら誰でもそう願うことかもしれません。

筋肉が衰えると、身体に様々な悪影響がおこりますが、仕事や子育てに忙しい女性にとって
運動に時間をつくるのはそう簡単ではありません。
ましてや、運動習慣のない人には「至難の業」でしょう。

しかし、「筋トレ」は、ジムで器具を使うようなハードなものだけではありません。
日常のちょっとした時間できる簡単な筋トレもあるのです。

筋肉を成長させるには、普段よりも強い刺激が必要です。
強い刺激が筋肉に伝わると、筋肉の筋線維(きんせんい)が破壊され、より強い筋肉を作ります。
これが、運動で筋肉がつくられる仕組みです。

腹筋などで筋肉痛になった経験はありませんか?
筋繊維が修復されている結果、筋肉痛がおこると考えられています。

強い刺激といっても、何十キロものベーベルを持ち上げる刺激ではありません。
日常の歩きでは筋肉に刺激はあたえませんが、普段エレベーターやエスカレーターを使って
いる人が、階段を上り下りするだけでも、筋肉には強い刺激になります。

筋肉の量が増えれば、身体全体に酸素や栄養がより運ばれるようになり、健康な身体をつくる
基盤になります。

加齢とともに衰えるのが、下半身の筋肉です。
階段の上り下りも、下半身の筋肉を鍛えるのには有効です。

また、大筋群(だいきんぐん)と呼ばれる大きな筋肉も重要です。
大きな筋肉を鍛えれば、基礎代謝量が上がり、消費カロリーのコントロールもしやすくなります。

定期的に運動をして、筋肉量が増え、消費カロリーがコントロールできれば、「やせ体質」に
なることが可能です。

まずは、簡単な筋トレで、筋肉を鍛えましょう。

筋トレは、下半身から始めるのが効果的です。
ここでは、下半身を鍛える2つの筋トレと上半身の筋トレを1つ紹介します。

1つ目は、太もも全体を鍛え、おしりを引き締めてヒップアップ効果もある「フロントランジ」
という筋トレです。

まっすぐに立ち、両手を胸の前でクロスします。
片足を大きく前に踏み出します。
この際、膝がつま先よりも前にならないように注意しましょう。
左右交互に20回、2~3セットおこないます。

2つ目は、太ももの裏側のハムストリングを鍛える筋トレ、「ヒップリスト」です。
ヒップアップ効果も期待できます。

床に仰向けになり、両足を骨盤の幅に広げて膝を立てます。
お尻を膝と肩が1直線になるぐらいまで持ち上げて30秒間、その姿勢を維持します。
20回、2~3セットおこないます。

3つ前は、上半身の筋肉を鍛える、「プッシュアップ」です。
大胸筋や肩の三角筋、上腕三頭筋などに効果があります。

両手と両膝を床につきます。
両手は、肩幅より少し広めにします。
膝をつけたら、足先を90ぐらいの角度に持ち上げてキープします。

胸を張り、肩甲骨を寄せるようにしてから、両手で身体を押し上げます。
頭から膝までが1直線になるように意識して下さい。
最初は10回、慣れてきたら20回に増やしましょう。
2~3セットおこないます。

継続的におこなえば、確実に筋力量はアップし、基礎代謝量も上がります。

そうなると、ウォーキングやランニングなどの有酸素運動も、脂肪の燃焼効果がアップし
より効果的な運動になります。

まずは、簡単な筋トレを習慣化して下さい。
その習慣が、確実にあなたの身体を若がえさせるのですから。”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. yamaton15 より:

    筋トレ素敵ですね( *´艸`)
    もしプロテイン等飲むときはオレンジジュースで飲むと消化吸収がよくなるらしいですよ。

コメントを残す

*