【輸入ビジネス】システム化出来て初めて成功できる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お店を開くと、どうしても売りたいという気持が大きくなります。

売りたい気持があるのは仕方ないですが、その気持がページに反映すると、売れなくなるのです。お店で商品をみているだけなのに、ショップの店員に急にセールスされたら嫌になりますよね。誰でも、「売り込み」は嫌いなのです。

 

商品ページを作成する時は、売り込みたい気持から離れて、冷静に見ることが大切です。

 

どうすれば、お客様が買ってくれるのか?
どうすれば、買い物ボタンを押すの行動に導くことができるのか?

 

 

このことを冷静に考えることです。

 

コピーライティングは絶対に習うべき

 

www.stand-out.info

 

 

www.stand-out.info

 

 

www.stand-out.info

 

そのためには、キャッチコピーがもっとも重要です。
訪れた人が、思わず買いたくなるように、簡潔に商品の魅力を表現しましょう。

簡単に言ってますが、これが非常に難しい。

でも、どんなビジネスをするにも必要なスキルなんです。

 

何度も試しては変更し、切り口を変えては試してみて最適なポイントはどんなものか常に考えて、挑戦することが最も肝要です。

 

兎にも角にもお客様を説得させ、購入させなくてはいけません。

その流れで説明が長くなってしまうこともあるでしょう。それはそれで、「詳しい説明をご覧になって、ゆっくりとご検討下さい。」などの文面を入れておくと、お客様の安心が得られて効果的だったりします。

 

コンテンツの長さ・内容共に何が正解かは誰にも分かりませんが、売り上げの実績が物語ります。売れなければそれは正しくないと思ったほうが良いでしょう。

 

商品販売で成功するコツは、リピーターが増えること

リピーターは徹底的に優遇せよ。

次も買おうと思ってもらうためには、「思いもよらぬサービス」を提供することです。
例えば、通常ゆうパックで発送するところを、「○○宅配便の方が○○円安くなりますので、変更させていただきました」とメールで連絡します。

実際、宅配業者と契約することでゆうパックよりも安い金額で配送することが可能です。お客様にとっては、ページに記載されていた送料よりも安くなればうれしいものです。自分の利益を多少削ってもタダでまた戻ってきて再購入してくれれば販売者もうれしいし、当然こんなサービスを期待していなかったお客様の評価も上がります。

 

また、手書きの礼状を同封したり、箱や袋に「ドライバーに皆様へ。大切なお客様へのお届けです。慎重にお取り扱い下さい。」などのシールを貼ると、より信頼度は高まり、リピート率も上がります。

お客様リストは、販売業にとっては何よりの宝

「20対80の法則」を意識しよう

経済において、全体の大部分が一部の要素から生み出されているという理論です。マーケティングでは、上位20%の顧客が、売上の80%を占めると言われています。

つまり、上位20%のお客様を如何に満足させるかが、ビジネスの成功を左右するのです。これらのお客様に対するサービスなどは、多少コストがかかっても可能な限り定期的におこないましょう。

 

お客様に忘れられないためにも、Eメールなどで定期的にアプローチすることが大切ですし、見込み客は販売者と接点が高いほうが他社と比較検討することなく購入してしまうということも実証されています。

 

www.stand-out.info

 

 

www.stand-out.info

 

 

これまでの一連のプロセスをシステム化しよう

輸入販売をビジネスとして継続させるには、商品決めからリピーターに対するフォローまでを、きちんとシステム化する必要があります。

 

限られた時間の中で、効率的に輸入販売に使うことが大切ですが、販売者として一定の品質と信頼を勝ち取るためにきちんとしたビジネスルールを確立するのです。

 

■定期的な市場調査

何が売れているか常にアンテナを高くしておかないと今販売している商品が売れなくなったときたちまちビジネスが成り立たなくなります。

販売する商品を選定する場合は、曜日を決めて、楽天市場やオークファン、アマゾン、テレビ通販サイトなどを調べるようにしましょう。特に、売れ筋商品の動向には注意します。

■商品の在庫は、週に1回はチェックします。

売れ筋の商品は欠品のないように、必ず補充しましょう。
仕入先に連絡する際には、新しい情報などが得られるようなコミュニケーションも大切です。

■週に一度は出品商品の動向をチェック

商品の売れ行きが良くない場合は、どこが悪いのかを再考しましょう。商品説明に画像を加えて、より特徴を強調することも必要かもしれません。ニュースレターの内容を変えたり、新しくキャンペーンを追加するのも効果はあります。最悪の場合、価格変更も検討すべきかもしれません。

■商品の発送は極力当日に行う

お客様は、1日でも早く商品が欲しいものです。また発送の早さが販売者の信頼を決める重要な要素としてお客様は認識しています。土日や祭日を休業にすると、他のショップで買われてしまう可能性もあります。ショップの売上が安定するまでは、365日無休で当日配送する気持ちで頑張りましょう。

毎日、15時までの注文は当日発送するということを習慣化するのがベストです。

■代金回収方法は複数用意すること

代金の回収は、当初はクレジットカードでの決済か代金振込が良いでしょう。売上が順調に伸びて、資金に余裕ができれば、コンビニ決済や代引きなどの後払いの方法を採用するようにするのが得策です。可能性は小さくても、代金を払わない人もいなくはありません。

代金の未回収があると、ビジネスを始めたばかりの人には、精神的なショックが大きくなります。まずは、安全な回収方法だけにした方が無難です。

どうしても、色々な支払い方法に対応したい場合は、手数料はかかりますが、ネットプロテクションズのような決済代行サービスを利用する方法もあります。

www.netprotections.com

 

販売でもっとも重要なのがリピーターの確保

そのためには、定期的なアフターフォローが大切です。

まずは、商品を購入された方にお礼のEメールを送ります。商品到着後3日ぐらいに送るのがベストです。

「本当に買ってよかったのか?」 

 

購入後、そんな不安に陥る人も少なくありません。

 

そんな不安を払拭するようなEメールを送ることです。
お客様の喜びの声などを紹介して、購入したことに自信を持ってもらいましょう。

 

さらに、1週間から10日後ぐらいに、お客様の感想をお聞きするEメールを送ります。使いやすさや問題点など、積極的にお客様の声を聞くようにしましょう。その後は、ダイレクトメールやEメールで定期的にお客様とコミュニケーションをとるようにします。

 

商品の売り込みだけではなく、おススメ商品をお客様の声を交えて紹介するパターンを5回に1回は作成しましょう。

また、リピーターには、特別なお客様であることを認識してもらうようなサービスも必要です。お得意様限定商品などを紹介するのも効果的です。

 

リピーターの獲得こそが、売上を伸ばす秘訣です。
より親密なコミュニケーションができるように心がけることがお客様との関係を向上させる大事なポイントです、

 

www.stand-out.info

 

 

www.stand-out.info

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*