「歩きなんて運動じゃないよ」
そういう人もいますが、そういう人ほど運動をしていない場合が多いようです。

 

交通手段が普及するとともに、人は歩かなくなっています。
特に交通手段が車になりがちな郊外地域ほどこの傾向は顕著となっています。

大都市近郊だと、駅まで歩いていきますし、乗り換えが不便な路線であれば隣の違う路線まで歩くなんてことは往々にしてあるのですが、郊外在住の人は歩いて15分ぐらいのところでも、自転車や自動車で移動するパターンが少なくないのではないでしょうか?

田舎に行って、散歩をしているとジロジロ車の中から珍しげに見られる、なんてこともあったりします。

 

ところで、年齢別に見ると、大人になるほどに歩かなくなってくる傾向が顕著となっています。

様々な年代や職業で歩数を測った調査では、

小学生5年生が1日平均18,500歩、

中学2年生16,500歩に対して、

大学生が4,800歩、

サラリーマンと主婦が5,000歩 という結果になっています。

※最新の調査(2015年12月9日)では成人の一日あたりの平均歩数は男性で7043歩・女性で6015歩でした
URL:http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kenkou_eiyou_chousa.html
出典;国民健康・栄養調査

 

大人歩かなすぎてやばい!

そりゃ、太りますわ・・・

 

皆、これ付けて歩数測りましょうぜ!iPhoneならトレンド計測するにはばっちり楽勝だし、見た目も袖口に隠れるサイズなので、仕事中に腕時計の横に付けてOK。

 

 

あ、そもそもスマートウォッチに切り替えればそれで済むかも。

これなんか見た目も良いし、機能も充実。評判も良いしおすすめ。

AppleWatchも良いけど、電池が如何せん持たないので、時計はアナログのスマートウォッチがおすすめです。

 

そんなデジタルな人間ではないというのであれば、やっぱりこれでしょう。

最近はバッグに入れられるスマートなタイプも出ていますね。

 

ちょっと脱線しましたが、

 

これまでお話したように、歩くことは体力づくりだけでなく、脳の働きを良くし、心もリフレッシュする大切な運動です。

そう、「歩くこと」=「運動」なのです。

 

どんな運動にも準備体操(ウォーミングアップ)は必要です。
特に普段運動をしていない中高年の人は、急に運動をおこなうとトラブルを起こしかねません。

 

ウォーキングをおこなう場合も同じです。
歩く前、10分間ぐらいはウォーミングアップをおこないましょう。

 

まずは、柔軟体操です。
腰を落として、片足ずつ交互に脚の筋肉を伸ばします。

次に大きく手と足を開いて、右手で左の足の甲に触れます。
右と左を交互におこないます。

段々、写真で説明するのがめんどくさくなってきた・・・・

分かりやすいのは飛ばしますね。

次は、身体を前に倒して、つぎに大きく後ろに反らします。→ラジオ体操で出る、あれですよ。
次に、膝や足首を回し、脚の屈伸運動をおこないます。→ぶらぶら関節を回しましょうってことです。
さらに、上体を大きく回し、首を前後左右に傾けます。→首と上半身を傾けてストレッチします。

ストレッチは、ふくらはぎやアキレス腱、股関節、体側、足首の外側、肘、太腿の前面、
後脚のふくらはぎ、両腕などを15秒~20秒ぐらいずつおこないます。

柔軟体操が終わったら、ゆっくりと歩き回って身体の調子や靴のフィット具合をチェックします。

そして、ゆっくりと走り回って、気合を入れます。

ウォーミングアップは、「身体の温度を上げる」という意味ですが、身体を温めるだけでなく中枢神経に刺激を与えて筋肉を目ざませる働きもします。

1時間ちかくウォーキングをおこなうと、筋肉も疲れ、腰にも負担がかかってきます。
これを解消するためにも、整理体操(クールダウン)は、必ずおこないましょう。

あ、ちなみに最新のストレッチ手法は運動前にストレッチではなく、体を温める軽い運動で体を伸ばしていきます。

体が冷え切った状態で筋肉を伸ばすのはご法度という考えですので、歩く前は軽くで良いですよ。

むしろちょっと歩いて体が温まってからストレッチするほうが良いのです。

詳細は上記の本を読んでみてね。

 

内容はウォーミングアップと同じですが、特に足や膝、腰をよく伸ばすことが大切です。

ウォーミングアップしたからといって、すぐに冷たいシャワーを浴びたりしないで下さい。
特に、心臓や血圧に問題のある方は、要注意です。
また、冷たい飲み物をがぶ飲みするのも、胃腸に悪い影響を与える恐れがあるので、気をつけて下さい。

これは歩いた後だけに限られた話ではなく、日常生活も同様です。
腸内環境を良くすることは万病を防ぐこと、が最近の学説としてホットですので、知っておくといいと思います。

歩くことは運動です。
しっかりとウォーミングアップやクールダウンをおこなって、効果的なウォーキングをおこなって下さいね。